ホーム > クライアント > 導入

クライアント/導入 のバックアップ差分(No.4)


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#contents
*TeamSpeak3 を導入する
**クライアントをダウンロード
[[TeamSpeak3 ダウンロードページ:http://teamspeak.com/?page=downloads]]へアクセスし、OSにあわせてクライアントをダウンロードします。
&ref(dl32b64b.png);
''DOWNLOAD''へ進み規約を読んでから、''I agree.''をクリックすればダウンロードが開始されます。
***使用OSが32bit版か64bit版かを確認する方法
[スタート]→[アクセサリ]→[システムツール]→[システム情報]をクリックします。
[システム概要]が表示されたら[プロセッサ]に書いてある内容を調べます。
「x86~」の場合32bit版、「x64~」の場合64bit版のWindowsです。
**クライアントインストール
ダウンロードしたTeamSpeak3-Client~.exeを起動します。
&ref(ts3-setup0.png);
インストーラが起動したら順次Next>をクリックするとインストールが完了します。
**TeamSpeak3クライアントの日本語化
[[Voice Chat Forum:http://www.arcenserv.info/forum/viewforum.php?f=9]]へアクセスし、最新バージョンの日本語化言語ファイル(zip)をダウンロードし、解凍します。
&ref(ts3-ja01.png);
解凍したフォルダから''styles'',''translations''の2つのフォルダを、TeamSpeak3 クライアントインストールフォルダ(デフォルトだと''C:\Program Files\TeamSpeak 3 Client'')にコピーします。

TeamSpeak3 を起動したらメニュー[Settings]→[Options]を開きます。
&ref(ts3-ja02.png);
Application項目のLanguageからJapaneseを選択します。
設定が完了したらOKで閉じて、TeamSpeak3 を再起動すれば日本語化にて起動できます。
**セットアップウィザード(初期設定)
TeamSpeak3 の初回起動はセットアップウィザードが起動します(画像のTeamSpeak3 は日本語化しています)。
セットアップウィザードをやりなおす場合はメニュー[設定(Settings)]から実行します。
&ref(ts3-setup1.png);
セットアップウィザードでは、TeamSpeak3 の初期設定が簡単に行えます。
***ニックネーム
&ref(ts3-setup2.png);
名前を入力して下さい。接続中いつでも変更可能です。
***マイク設定
&ref(ts3-setup3.png);
ここで''音声有効検出''か''プッシュ・トゥ・トーク''を選択します。
***音声有効検出
&ref(ts3-setup4.png);
この画像は''音声有効検出''を選択した場合の設定です。
音声テストを押すと、マイクが周囲の音を拾い始めます。
実際に話したときにTeamSpeak3 が音声を検出するのは赤枠のバーを超えたときです。
バーが左過ぎると生活音などの雑音を拾い、右過ぎると声が聞こえなくなります。
これを踏まえてサウンドデバイスの音量と、このバー左右にドラッグして調整します。
実際に話すと自分の声が聞こえ、何も話してないときに雑音が入らないように設定してみて下さい。
***プッシュ・トゥ・トーク
&ref(ts3-setup5.png);
この画像は''プッシュ・トゥ・トーク''を選択した場合の設定です。
実際に話したときにTeamSpeak3 が音声を検出するのは設定したホットキーを押したときです。
画像はCtrlキーを設定した場合で、Ctrlキーを押したときに音声を検出します。
ホットキーを押しながら実際に話すと自分の声が聞こえるか確認して、
何も話してないときに雑音が入らないようにサウンドデバイスを設定してみて下さい。
***音声を認識しない場合
一旦セットアップウィザードを終了します。
メニュー[設定]→[オプション]→[録音]→[録音デバイス]で正しいデバイスを選択します。
([Settings]→[Options]→[Capture]→[Capture Device])
***ミュートの設定
&ref(ts3-setup6.png);
ホットキーを設定するとホットキーを押したときにTeamSpeak3 の音声がミュートになります。
マイクミュートは''音声有効検出''を選択したときに雑音を拾うのを防いだり、退席するときにミュートにしておくことが推奨されます。
ホットキーを設定し、ホットキーを押したときにミュートになるように設定しておくとよいでしょう。

&ref(ts3-setup7.png);
これでセットアップウィザードは終了です。
*TeamSpeak3 クライアントの各機能
TeamSpeak3 の導入が終わったら、TeamSpeak3 の各機能を見ていきましょう。 ⇒[[クライアントの各機能>クライアント/TeamSpeak3 クライアントの各機能]]
TeamSpeak3 の導入が終わったら、TeamSpeak3 の各機能を見ていきましょう。 ⇒[[クライアント/機能紹介]]

スポンサード リンク

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP