Ubuntu

Ubuntuのuniverse リポジトリにもmumbleのサーバは存在しますがバージョンが古いです。
最新のバージョンはPPAにて公開されています。

sudo aptitude install python-software-properties
sudo add-apt-repository ppa:slicer
sudo apt-get update

インストールします。

sudo apt-get install mumble-server
dpkg-reconfigure mumble-server

dpkg-reconfigureコマンドで管理ユーザ SuperUser?のパスワードを設定します。
設定したパスワードは忘れないようにしましょう。

Debian

Debianのunstableには最新のmumbleサーバが含まれています。
experimentalにはsnapshot(開発版)が含まれています。

apt-get update
apt-get install mumble-server

CentOS

公式にはサポートされていないので自分でインストールしましょう。

Linux用のバイナリをダウンロードして手動でインストールします。

関連はいるは/srvに配置しmumble-serverというユーザを作成して実行するものとします。

lzmaアーカイブ展開用のユーティリティをインストールします。

su
yum install lzma

公式でstableとして公開されているmurmur 1.2.2には脆弱性があるので
修正された段階の開発版の利用をおすすめします。

su
cd /srv
wget http://mumble.info/snapshot/murmur-static_x86-c4eefe.tar.lzma
lzma -cd murmur-static_x86-c4eefe.tar.lzma | tar xf -

murmurを実行するユーザを作成して所有権を変更します。

su
adduser mumble-server
chown mumble-server:mumble-server -R murmur-static_x86-c4eefe

murmur.ini のunameセクションを先ほど追加したユーザ名に変更します。

uname = mumble-server

フォルダに移動します。
以下のコマンドはユーザmumble-serverとして実行するものとします。

cd murmur-static_x86-c4eefe

SuperUser?のパスワードを設定します。

./murmur.x86 -ini murmur.ini -readpw

次のコマンドを実行して起動します。

./murmur.x86 -ini murmur.ini

スポンサード リンク